• ホーム
  • 大家族は一戸建ての賃貸物件がおすすめ!

大家族は一戸建ての賃貸物件がおすすめ!

2019年08月26日

大家族の場合は一般的に一戸建て住宅を購入するというケースが多いかもしれませんが、住宅購入のためには住宅ローンを借りる必要がありますし、住宅を建ててから固定資産税やメンテナンス費用などの維持費がかかります。購入する費用が無いならば賃貸物件に住むことになりますが、集合住宅では一番広い間取りで3LDKが多く、大家族になるとそれくらいの間取りでは狭くて不便です。

こういう時に検討してもらいたいのが、一戸建ての賃貸物件です。一戸建てであれば部屋の数に制限があるわけでは無いので、家族の数に応じた部屋数の物件を借りることができるという意味で、大家族に向いています。集合住宅であれば4LDKの物件はなかなかありませんが、一戸建てであれば普通に存在しますので、ファミリー層を意識した賃貸物件として提供されています。一戸建てですからペットを飼ったとしても何ら問題はありませんし、集合住宅でありがちな騒音問題も少ないです。敷地内に駐車場が完備されているならば、月々の駐車場代がかかることもありません。

賃貸物件なので、住宅を購入するよりもフレキシブルに移動をすることができます。会社の転勤で引っ越しをしなくてはいけない時でも、契約を解除することですぐに対応することが可能です。一戸建てであれば大抵の場合庭があったりしますが、庭でバーベキューをやったり、親子で遊んだり、家庭菜園を行ったりすることができます。

子供の増減にも柔軟に対応することが可能です。子供が独り立ちしていない場合は一緒に住むための部屋が必要になりますが、独り立ちするようになると、だんだん子供が少なくなることが考えられます。全員独り立ちをしたのであれば、夫婦で4LDKの賃貸物件に住む続けることは家賃が高いと感じてしまうでしょう。将来夫婦で住むということを考えると、子供が全員独り立ちをしたタイミングで、2人暮らしに対応した間取りの賃貸物件に住んでも構わないわけです。

ずっと同じところに住み続けるのであれば、トータルの維持費は住宅を購入したほうが安くなりますが、引っ越しなどを何度も行う必要があるならば、住宅を購入するよりも一戸建ての賃貸物件に住んだほうが維持費がかからない可能性が高いです。一戸建ての賃貸物件は契約年数に限りがあることも多いため、将来にわたって住み続けることは難しいでしょう。物件はいつまで借りることができるのかということを、確認することをおすすめします。